ドラムと太鼓って違うんですかッ!!

       シローの脳内暴露系、画像日誌的ページ☆       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活感が・・

 結局帰国してからいつものバタバタの生活に戻ってしまった。。
      フォホホッ(∀;)マズイ飯と安ビール。。

 そんなこんなで先ず、バルセロナに着いてから気が付いた不思議に思った事を書いてみよ。。


【疑問その1】 犬がやたらと可愛い♪

 何でか、町中を散歩して回ってるワンコの愛嬌は凄まじい!!
       道行く人皆に愛想を撒き散らしている。

【疑問その2】 けが人多すぎ!!

 バルセロナの空港に降りた時に何気に気が付いてはいたんだが、市内に入ったらギブスして歩いている人を随分と見つけた。
そして、昨日何気にニュースを見ていると、スペインの何処かで『牛追い祭りでけが人続出!!』と報じていた。。

 。。・・なるほどネッ。。(▽Λ)テンション高ッ!


【疑問その3】 顔写真要るの!?

 これは、スペイン中のいたる所でらしいが、クレジットカードは顔写真がのったIDが無いと使えないのだ。
 理由は単純! 盗られたカードの不正使用を封じる為。
皮肉にもこの事実を知ったのは、アッシがカバンとカメラを盗られた15分後だった。。
 
  (TT)無法地帯や…


【疑問その4】 買い物したいんだけど…

 平日の真昼間にも関わらず、バルセロナ市街の店は殆んど閉まっていて、タバコを買うのにすら、30分以上かけて歩き回った。。
そういえば、市街でスーツ着た人全然見なかったな。。
 
 ただ、お店の簡素な雰囲気は興味深かった!

【疑問その5】 匂いが!!

 何となく芝生に座った時に懐かしい匂いを感じて、芝を触った手で匂いを嗅いでみたら、
『日本の匂いャン!!』Σ( ̄∇ ̄*)ナツカシッ

 他にも、魚介類の味がイギリスと違って、日本の魚介の味がした!
あと、こっちで有名なイベリコハムの売り場なんかは、発酵食品の出す独特な甘い香り♪

   ( ̄¬ ̄*)ヨダレ祭り開催です。。 


【最後に…(眠い】 Σ(□;)サボルな!!

 結局、盗難に遭って苦い思いもしたけど、以前から不思議とスペイン人と縁があるな~って感じてた事が改めて強まった気がする。

 地元のパブに入って、英語が通じなかったが、店中一緒に僕らが何が欲しいのかジェスチャーのみで会話をして、最終的に「そう、コレコレ!!!」ってお互い解った時の和やかさや、道ですれ違う時に見せる何気ない笑顔や、お店の店員さんの「オラ~ッ♪」(ハーィ!・・かな?)なんかは最高の思い出になったな~ッ☆

 今までビザの事でイギリスを出入りするのをためらっていたけど、今回の旅行で、「さすらわねば!!!」と思った!!
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 07:23:07|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サグラ・ダ・ファミリア聖堂

20050828021737.jpg


 今日は絶対に観ておきたかった場所の一つ【サグラ・ダ・ファミリア聖堂】についてカコッ☆

 一先ず、何故ここに興味があったのかは、アッシが若かりし頃、テレビ番組の「世界遺産」を観た時にガウディ建築の特集をやっていて、それまでは建築には全く興味を示さなかったのに、これにはセンサーが強烈に反応した!!

 しかも、ガウディの生き様にも共感できた、特に死に方が半端無くROCK☆(#▼ー▼)b
 どう死んだのかというと、酔っぱらって路上で寝ていたところ、路面電車に撥ねられて死んだ。。。 Σ( ̄□ ̄;ノ)ノ
 
 それからというもの、何度もTVでガウディの作品を観るたびに不思議な親近感を感じていた。。

 
 さてさて、この聖堂の話だけど、ココはバルセロナの中心地カタローニャ広場から徒歩で北東に2,30分くらいの距離だったかな? とにかく圧倒される高さで、彫刻の一つ一つは聖書のストーリーを表現したもので「凄い!!!!」としかいえない。 この作業の為もあり、完成は100年~200年とも言われているらしい。
 (個人的には、日本人が工事をするのなら2,30年で済むんじゃないかななんて思った…(▽Λ)

 ただ、残念だったのが、工事の為に結構高い位置まで工事用のバリケードがあって、全体の景観は観る事が出来なかった。。

 ココにもまた戻ってこなければと思った。
 
  1. 2005/08/28(日) 03:37:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只今~ッ!!(^▽^*)

 いや~ッ!! バルセロナ最高に楽しめたョ♪

カラッとした太陽に、ペイントで塗ったみたいな青々とした空、陽気で人なつっこい地元の人に、ガウディの建築美!!!
 あと、パエリアや生ハムをワインで堪能したし☆ d(^¬^*)

 とりあえず、書くこといっぱいあるけど、疲れが。。

ということで、今日は面白かった、興味深かった写真を少しだけ紹介!

 …実は、カメラとバックの盗難に遭ってしまって、画像はもらい物でふ。。(TωT)やっと手にした一眼が…。。

city.jpg



taxi.jpg



doraemon.jpg

  1. 2005/08/27(土) 01:49:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地元観光者

 先日福岡にいるときに知り合った友人がロンドンに遊びに来たンッス!!
 
 んで、ロンドンの観光スポットを巡っては意外な発見を楽しんでます♪

 こりあえず、昨日はウォータールー駅の近くにある水族館で撮った写真を貼っときます。。

 どうでもいいけど、胡散臭い男が子供に混じって「ウオォォッ!!スゲ~ッ♪」等という光景が周りの観光者には滑稽だったに違いない。。
マリリン・マンソンがコアラと2ショット写真撮ってるようなもんだ!

moai.jpg

  1. 2005/08/20(土) 06:36:47|
  2. ロンドン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

非人道的なの!?

「非人道的」な人力車を年内に禁止へ、インド・コルカタ


インド・コルカタ──インド東部、西ベンガル州のバッタチャルジー州首相(左派共産党)は15日、州都コルカタ(旧カルカッタ)市内の人力車を、年内に禁止すると述べた。

同首相は、「欧米諸国は物ごいする人々や人力車を、コルカタの伝統と結びつけようとするが、人力車はこの街の伝統的な乗り物ではない」と指摘。「人力車が走っているのは、世界でもコルカタだけ。人間を侮辱する非人道的な人力車は、ただちに全廃すべきだ」と話している。

コルカタには、19世紀末から20世紀初めにかけて、華人系商人が人力車をもたらしたとされている。道が浸水し、タクシーや車が使えない雨期などに人力車は多くの人々の足となっている。

非政府組織(NGO)の援助団体によると、コルカタの人力車引きは現在、推定1万8000人で、毎年1800人が新たに参入しているという。

州政府は、人力車を禁止する代わりに、原動機付きの三輪車や自転車を提供することを検討している。しかし、資金源などの詳細には触れていない。

一方、全ベンガル人力車組合は、仕事がなくならないのであれば、人力車の禁止に反対はしないと話している。

西ベンガル州は、1977年から左派共産党(CPI─M)が与党。


 …(∇;)ナンダカ白人のエゴっぽい臭いがプンプンする。。

そういえば、日本でも奈良とか、観光地で人力車を見かけるけど、「非人道的」なんて考えた事もなかった。。
 実際見かけたときはハッピに傘や鉢巻をしていて、むしろカッコいいってイメージがあるんだけど。。

あと、ロンドンでも人力車(自転車みたいな)を見るんだけど、見た目は違うけど、基本的には一緒だし。。 ただ、イメージの違いで「非人道的」かそうでは無いかを言っている気がする。

 需要があり、仕事に困る人が出てくる始末だし、個人的にはOKなんじゃないかなと思うが。。。
  1. 2005/08/16(火) 18:06:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏はビーチやの~ッ♪

 結局今年はまだ海に行ってないんだけど、来週やっと休暇らしい休暇がとれて、思い切ってスペインに行こう!! d(^▽^*)って思っているんです♪

 イギリスじゃ気温が低くって泳ぎに行こう!!って感じになれないから、今回はバルセロナにでも行って、サグラダファミリア周辺や、ビーチを満喫してこようかな!!

 とりあえず、去年の今頃にビーチに行った時の写真をUP☆


beach01.jpg



beach02.jpg



beach04.jpg



beach03.jpg

  1. 2005/08/14(日) 23:00:49|
  2. ロンドン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

SUUDOKU

 今年の春くらいからだったか、地下鉄に乗っている人が時間つぶしに数読をやっているのをよく見かける。

 それ以前は相変わらずクロスワードパズルをしている人を見ていたが、この急激な変化に驚いている。

 とりあえず、どういう人がやっているかを観察するのも面白い。

 大半が女の人で、見た感じインテリ層の人って感じ!!

 以前、親子で解いているのを見かけたんだけど、こういうのは子供の方が早く解決できるみたい。 お父さんは自分の子供に説明を受けていた。。。( ̄▽ ̄;)セツナ。。

 とりあえず、「数読プログラム」ていうサイトを見つけたんで、紹介。ここからプログラムのダウンロードも出来るみたいだよ!!

数独(ナンバープレース)プログラム


 
  1. 2005/08/12(金) 21:24:53|
  2. ロンドン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マニア道!!

 さっき何となくサーフってたら。。

 マンホール図鑑とやらを発見!!

 そういえば、旅行先で何となく違いに気が付いていたものの、マジマジと見ていなかったし、まさか図鑑にまで発展させている集団が存在していたとは!! Σ( ̄∇ ̄*)

 んで、このサイトには各都道府県、市町のマンホールがズラリと並んでいて、意外と面白かった!!

 さすがに一部しかチェックしてないけど、寝付けない夜の時間潰しにはもってこいのサイト!!!

 そういえば、日本の地下鉄って各駅ごとにシンボルがあったりするよね!!
 こういう日本のイメージに対する繊細さって特別に感じるョ☆

 と、いうわけで、↓からどうぞ(^ー^)b
http://www6.airnet.ne.jp/manhole/zukan/main.html
  1. 2005/08/11(木) 09:55:15|
  2. 変なもの…。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まったり感が不思議!

 以前何となく見つけていた癒し系フラッシュアニメーションのサイトに久しぶりに覗いてみた。

 このサイトには恐ろしくまったりしたゲームもあり、アニメーションもあり、何といっても曲や効果音が最高に心地良いのよ!!

 癒し系ながら、大音量で聞いた方が雰囲気が伝わる。

 というわけで、このサイトの紹介。(^ー^)b

http://www.amanitadesign.com/
  1. 2005/08/10(水) 23:02:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イイ味のオッちゃんだった(TωT

20050808194800.jpg


ハバナ──キューバの「ナット・キング・コール」と称された歌手イブライム・フェレールさんが6日、同国の首都ハバナの病院で、多臓器不全のため亡くなった。78歳。フェレールさんのマネジャーによると、ヨーロッパ・ツアーから帰国した3日に体長を崩し、入院していたという。

1927年、キューバ東部サンティアゴ・デ・クーバ生まれ。14歳のころからプロとして歌い、50年代にはキューバを代表する歌手となった。しかしその後、音楽活動を停止し、フェレールさんの名前は忘れ去られていった。

靴磨きなどで生計を立てていた90年代、米ギタリストのライ・クーダーがプロデュースしたアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に参加。その名を「再発見」され、フェレールさんの歌声が再び聞かれるようになった。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のアルバム製作の様子は、ヴィム・ヴェンダース監督のドキュメンタリー作品となり、世界中で人気を得た。

97年に「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」がグラミー賞をもらった後、フェレールさんはソロアルバム2枚を発表。これらはグラミー賞とラテン・グラミー賞を受賞している。



本当に残念。。(TдT)

 個人的にこの「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」の大ファンで、こっちに来てあんまりCD・DVDを買ってないんだけど、この作品は両方持っている。

 何とも切ないけど、ハバナの陽気さや活気を感じさせてくれる。

 本当にこの作品はジャンルの枠を超越した「良さ」が光っている。

 多分、大手のレンタルビデオショップには置いてあるはずなんで、友人とお酒を楽しみつつ観て・感じて欲しい一品。

  1. 2005/08/08(月) 20:57:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カムデンタウン散策

 先日RECの打ち合わせをカムデンタウンという場所でやった。

 この場所はちょっと怪しげなマーケットがあったり、ライブハウス、Mtvの放送局があったりで、少し原宿っぽいイメージの町。

 全身黒の服、を着て奇抜なメイクをしている人の巣窟。

 当日はカムデンに行くということなので、久しぶりにカメラを持ち出して、撮りまくってきました!!!

 market1.jpg



mask1.jpg


manga.jpg


70s.jpg


line1.jpg

  1. 2005/08/06(土) 22:46:12|
  2. ロンドン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

HIROSHIMA

 昨夜BBCで広島の原爆投下についてのドキュメンタリーを見た。

 自分的にはBBCの反日的な姿勢を感じ取ったが、なかなか興味深い作品だった。

 今日は市街に用事があったので、HMVに足を運んだ。

 すると、DVD新作コーナーに「裸足のゲン」が置いてあったのにビックリした!!
 自分が小学生の時にこの漫画を読んだ記憶が蘇ってきた。

 一連のテロ事件も肌に感じ、本当に「平和」って事に敏感になった。

 昨晩のドキュメンタリーに続き、6日の9時から「HIROSHIMA」というドキュメンタリーが放送される。


 余談だが、僕の友人は原爆の事件は知っているが、その被害、その時の戦況、政治的な関連を全く知らない人が多いのには少し残念だった。
「日本は真珠湾を攻撃したでしょ!!」って答えや意見が頭にあって、何故日本がこの作戦をせざるをえなかったのかを知って欲しいものだ。
中には「日本はアメリカを侵略したかったんでしょ!?」等というとんでもないことを本気で聞いてくる友人もいた。。。


 是非↓に行ってみて!!
 http://www.hiroshima-spirit.jp/ja/hiroshima/shiryoukan/index.html

sekai0808.jpg

  1. 2005/08/05(金) 02:11:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシックとロック

 実は先週ジョージ(ハウスメート)はオランダへ友人に会いに行ってきてたのよ。

 んで、帰ってきてからクラシックの作曲を始めだして、日頃はロックしか聞かないのにバッハやモーッアルトを大音量で流している。。

 ・・どうやら彼の友人の妹が【ξ クラシックピアニスト ξ】で、クラシックでは有名な「何とか(何ダッ!!」っていうコンテストで全世界で4位の腕なのだという。

 それで、ロックの作曲とクラシックの作曲のどちらが難かしいのかを議論していたようで、コレが今回のジョージの奇行の根源なんだろうね。

 
 まあ、ぶっちゃけクラシックよりはロックの方が難かしいような気がしてならないが・・・。
 
 ・・というのも、クラシックは一曲が20分以上はザラで、ロックは5分程度。オーケストラでコンセプトを表現するには最低この位は時間は掛かる。でも、ロックの場合はいかに解りやすく覚えやすいか。。プラス、コンセプトを5分の間に凝縮しなきゃいけない。
 
 まあ、こういうこというのは「サッカーと野球はどっちが難しいのか!!」というのと一緒で、何とも言いがたいが、アッシのブログなので書かせてもらう!!!

 
 ところで、今ジョージは「ギガサンプラー」ってサンプラー(音の素材)を使って曲を創ってるんだけど、このサンプルの繊細なこと!!
 いろいろエフェクトを加えることで本物と聴き間違える程の音質。

 そういえば、映画の「グラディエィター」のサントラはこのサンプラーと本物の音とのミックスで作られているみたい。実際サンプラーの音と聞き分けるのは難しいけど、クリックから作られるクラシックサウンドも侮れんな~ッ!!・・っと思った。。。

 なんだか支離滅裂になったけど、今後もこんな感じにまったりと更新しヤスッ!! (^ー^)v



  o_m01.jpg

  1. 2005/08/03(水) 11:39:30|
  2. バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ヤルナ~ッ。。( ̄‐ ̄;)

2005.08.01
Web posted at: 15:01 JST
- CNN/AP

北京――7月16日に発売されたばかりのハリー・ポッター最新作「Harry Potter and the Half-Blood Prince」の海賊版翻訳本が7月末、早くも中国で登場した。英米で出版された原書は600ページを超える。


違法の中国語版は北京市内の地下通路で、20元(約280円)で売られていた。売っていた女性はAP通信の取材に、どこで翻訳本を入手したか明らかにしなかったが、7月29日から売り始めたと話している。


正規の翻訳版は「人民文学出版」が10月に刊行予定。AP通信が見つけた海賊版は、人民文学出版がこれまで出している「ハリー・ポッター」シリーズ5作とそっくりの装丁だった。


英米で出版された原書は、北京市内で約2300円相当で売られている。


AP通信によると、海賊版は肝腎なところでページごと抜けていたり、誤訳があったりした。たとえば原書で「mortal(生身の)」とあるところを「不死の」と訳してあったという。「不死」にあたる英語は「immortal」。


世界的ヒットの「ハリー・ポッター」シリーズは中国でも正規翻訳版が数百万部売れる人気。02年には正体不明の中国人作家が、贋作を発表したほど。


インターネットではすでに、いち早く原書を読んだファンによる中国語の試訳・私訳があちこちで掲載されている。清華大学が運営するプロバイダーの個人サイトでは、最新作の終わり方があまりにも納得がいかなかったので自分流に書き直して掲載したというファンもいる。


清華大学のサイト管理者は、「法律事務所から警告を受けたため」原書をそのまま転載していた掲載をいくつか削除したと通知している。


原作者J・K・ローリングさんの出版エージェント、クリストファー・リトルの広報は発売に伴い、中国の海賊版対策はすでに手を打ってあると説明していたが、具体的な内容は明らかにしていない。



20050801192630.jpg



Σ(゜▽゜*)いや~ッ、
      もう何でも有りやね!!
  1. 2005/08/01(月) 20:28:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

大国 史郎

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。